残価設定ローン

MENU

残価設定ローンとは

車を購入するには自動車ローンを利用するのが一般的ですが、新車価格は高額となるためローンの負担が大きくなります。返済が苦しくなることもありますが、最近では経済的に利用できるローンが登場しています。

残価設定ローンと呼ばれていますが、残価設定ローンとは簡単に言えば3年後あるいは5年後の下取り額を差し引いて購入できるため、月々の返済額を安くすることが可能です。

この残価設定ローンは、最終回支払い時の車両買取額が保証されているので、その時点での中古車相場が車両買取額を下回っているときでも、ユーザーが負担する必要がありません。

残価設定ローンのメリットは色々ありますが、契約時に3年後・5年後の買取額が保証されているため月々の返済額が安くなりますし、点検整備費用やメンテナンスに掛かる費用が新車ディーラーの負担になるのが基本です。

なんと言ってもまず、毎月の返済額が少なくてすみ経済的に購入できるのが残価設定ローンの最大のメリットになります。通常のローンが残価設定ローンとは異なる部分として、金利の負担があります。

毎月の返済を終えて支払いの最終回を迎えると、ユーザーは次の3つの選択肢から選ぶことになります。
  1. クルマをディーラーに返却する。
  2. 新しいクルマに買い替える。
  3. クルマをユーザーが買い取る(一括精算・再クレジット)。

ユーザーは、支払い最終回時における自分の状況に応じて、上の3つの選択肢から自由に選ぶことができるというわけです。

残価設定ローンは、実際には全額を支払って購入するのと同じですが、最終的に返却するか乗り続けるかの選択が可能です。3年後・5年後の契約満了時には、そのまま乗り続ける場合には残価分を支払うか新たにローンを組むことになります。

残価設定ローンのメリットはいろいろ有りますが、定期的に買い換えてもらうことも販売店側の目的となっています。経済的に購入できるためメリットが多いと言えますが、全くデメリットがないわけではありませんので、残価設定ローンのデメリットを把握した上で比較をすることが大切です。

残価設定ローンの最大のメリットがどこにあるかというと、高価格車をより軽い負担で購入できることにあります。設定される残価率は、クルマにより年数により、異なりますが、月々の負担が減ることはまちがいありません。

また中古車は、車種により人気度により、下取り価格が大きくが変わりますが、これを気にしないで、クルマを選ぶことができるのも残価設定ローンのメリットの一つです。

残価設定ローンのデメリットは、自由度が少なくなってしまう点にあります。簡単にいえば自分の車のようで自分の車ではないというイメージになりますが、3年後・5年後の残価を保証する代わりに指定された条件を守る必要があります。

さらに、ドレスアップなどすると、その仕様によっては返却時にノ−マルに戻す必要があるので注意が必要です。内装・外装のコンディションがあまりに悪いと追金を課されることもあります。あくまでも使用期間限定の車であることを肝に銘じておきましょう。

カスタマイズやドレスアップはできませんので、基本的にはノーマル状態で乗ることになります。また保証される残価にはボディの傷や内装のコンディション、走行距離によって査定され、基本価格に満たない場合には残価が下がってしまう仕組みです。

残価設定ローンは、その名称からも明らかなように、残価(=買取保証額)を設定してあるので残価を支払う必要はありませんが、車両の状態(過走行など)によって差額を請求される場合もありますから注意が必要です。

指定された状態を維持できれば残価が保証されますが、指定された条件を満たしていない場合には費用の負担が求めらます。禁煙車として使用することも条件の一つとなっているメーカーも有りますので、自由度が少ない点が残価設定ローンのデメリットになります。

残価設定ローンが、3年先、5年先などの将来の車の買取保証額(=残価)を設定するものである以上、短期(1〜2年)で車をすぐに買い替えたくなる人や、気分次第でいつでも車を乗り換えるという人には不向きです。

また、残価は保証されていますが、クルマを返すときに、走行距離が規定の走行距離程を超えている場合、残価設定額から減額されます。規定の走行距離を超えそうな方は、減額率が、車種や各ディーラーで違うのであらかじめ確認しておく必要があります。

残価設定ローン


残価設定ローンは、金利の負担が大きくなる点も通常の自動車ローンとは異なります。残価設定ローンは購入時に残価を差し引くという表現が使われていますが、実際は返済を後回しにしているに過ぎないのです。

200万円の車を購入した場合、通常のローンでは利息を含めて全額を均等に返済していきますが、残価設定ローンでは100万円を後回しにして残りの100万円を均等に支払います。最後の返済月にまとめて残価を支払う仕組みとなっているため、結局のところ残価設定ローンでは200万円でローンを組んでいるのと同じ状況となります。

自動車ローンは同じ金額でローンを組んでもボーナス併用払いのほうが利息の負担が少なくなりますが、早く多く返せば利息が少なくなる仕組みです。残価設定ローンは最後まで残価である100万円が残ってしまうため、その分だけ利息の負担が高くなります。しかし、契約満了時に同じメーカーの車に乗り換えれば、残価である100万円は下取りとなるため、直接的な負担にはならない仕組みです。

残価設定ローンは、毎月の支払いが少ない分、クルマが途中で廃車になったりすると残債が大きくなります。事故や損傷などクルマの状態により、残価設定額から減額されることもあります。その対策として車両保険への加入は絶対条件といってもよく、ディーラーからも強く薦められることになるでしょう。

クルマをユーザーが乗り続けようとする場合、残価については、一括支払いまたは再クレジットで支払うことにして乗り続けることもできます。

残価設定ローンは、購入者には指定の条件を満たす限り経済的な支払いで購入できるメリットがあり、新車ディーラーには3年・5年のサイクルで確実に自社の車に乗り換えてもらえるメリットがあります。販売台数を確実に確保できるため、販売店にも購入者にもメリットの多い購入方法と言えるでしょう。

残価設定ローンで忘れていけないこと

残価設定ローンで最後に忘れていけないことは、3〜5年後にクルマを乗り換える場合、減額される項目がなくて残価設定額で手放せるとわかると、ほっとして、そのままの金額で手離してしまうことです。

ディーラーで正確な「下取り査定額」を提示してもらいましょう。つまり、査定金額の方が高ければ、残価設定額より高く引き取ってくれることとは思います。

しかし、ディーラーの提示する「下取り査定額」ではなく、より高額な売却を狙うなら必ず車の「一括査定」を利用しましょう。「一括査定」は、事前にディーラーに残価分を支払う必要があるものの、残価設定ローンでも忘れてはならない愛車の売却方法です。

車一括査定はここから!