車買取 Q&A

MENU

車買取 Q&A

どのタイミングで一括査定を申し込んだらよいのか?
いま、愛車の価格はどれくらいなのだろう、または、海外赴任で愛車をすぐ処分しなければならなくなった、あるいは、セカンドカーはもう乗らないので売却したい、など車の一括査定を利用しようという状況はいろいろありますが、ここではもっとも多い、愛車を下取りに出してディーラーから新車を購入しょうとする場合の質問です。

車を下取りに出そうとしている場合、いちばん迷うのは、いつ一括査定を申し込んだらよいのか?ということです。ディーラーで下取りの査定をしてもらうのが先か、それとも一括査定を申し込んでから下取りの査定額を聞いたほうがよいのか、ということです。

ふつう一括査定を利用しようとする場合、そのサービスに参加している買取店間での査定額の競争を考えるかもしれませんが、もう一つ、ディーラーにも下取り査定額を競争させるのが賢明です。

通常は、ディーラーと次に乗る新車を決める交渉の段階で下取りの話が出ますから、ディーラーにハッキリと伝えましょう。「下取りに出すか買取にするかは、一括査定の金額を見てから決断しようと思っている」ということを。そして、下取りに出す場合と出さない場合の、支払い金額を明確にしておいてください。

それによってすべてのディーラーが通常の下取り額に上乗せしてくれるとは限りませんが、あなたにはそのような素振りを見せずに、さりげなく通常より下取り額を高めに提示してくる可能性も多分にあります。

そのあとで、一括査定を申し込んでください。おそらく新車の納車日は、1〜2週間まえにはあなたに伝えられますから、納車日が決まったら、すぐに一括査定に申し込んでください。

一括査定に申し込むと、翌日か翌々日には自宅まで出張査定に来てくれますから、買取査定額がわかります。そこで、下取りに出すか、買取で処分するかを決めればよいのです。

なお、蛇足ながら、下取り額は(他店の買取額も)、ほとんどの買取店が巧みに聞き出そうとしますが教えないでください。そのほうが高価買取が期待できるからです。万一、教えるとしても買取額が提示されたあとにしましょう。それからでも、提示額はまだ上がる可能性がありますから。

それから最後に言い忘れましたが、もっとも高い一括査定の査定額が示されるのは、その愛車を手放す日が明確になっていて、それが1〜2週間後に迫っているときです。クルマを買い取れる日が近いということは、それだけ買取業者のモチベーションも高くなるからです。

「概算査定額」や「直接査定額」が、買取店で差が出るのはなぜ?
一括査定のサービスによっては、申し込み直後にメールで「概算」の査定額を提示してくれるところもあります。しかし、概算査定額は値幅を持って提示されます。

査定額があまり高くならない低年式車(年式の旧い車)でも10円以上の値幅で示されますし、人気のある高年式車(年式の新しい車)ですと、100万円くらいの値幅で提示されることもあります。

これは言うまでもなく、オンライン上で入力された情報だけで査定額を確定することができないからです。中古車は「一物一価」と言われるように、査定士が実際のクルマのさまざまな箇所をチェック確認しなければ正確な査定額を提示できないからです。

そして実際の「直接査定額」でも参加買取店のあいだで、その額は大きな開き(ときに30万円以上)が出ることがあります。それは店により、強化買取車種が違うこともあれば、すでにその車種の購入希望顧客が予約待ちということもあります。また、買取車の処分ルートや在庫状況が違うということもあるからです。

したがって、車を売却するときは、1社だけの「単独査定」を利用するのではなく、必ず複数の買取店が参加する「一括査定」を利用しましょう。愛車の買取価格に大きな差がでます。

車の一括査定に申し込むと自宅まで出張査定してもらえるの?
ほとんどの車買取店が、自宅まで「出張査定」に来てくれます。一括査定に申し込むと、電話などで連絡があり自宅まで出張査定してくれます。わざわざ自分で店舗を回らなくてすむため、多大な時間が節約できるとともに、しかも、各買取店の競争査定であることがわかるので、より高額な査定まで期待できます。

なかには、「出張査定」は便利だけれども、自宅まで来て査定してもらうと、そのあとで強引な営業があるのではないか、と不安を抱く方もおられると思います。強引な営業があるのは、あなたの素振りから強引に行けば見込みがあると思われるためもあります。

なので、それぞれの買取店には、全部の買取店の提示額がそろってから返答します、とハッキリと答えておきましょう。たとえ、最後の買取店だったとしても、まだもう1店舗残っていると言っておきましょう。あなたが、はっきりした態度を取っていると、強引な営業はなくなります。

また、どうしても心配な方は、もちろん自分から店舗に行って査定をしてもらうこともできますが、やはりここでも、態度をハッキリしておかないと執拗な交渉を受けることになるでしょう。しかし、もう一つ方法があります。

それは、「出張査定」に来てもらうすべての買取店に、同時刻に査定に来てもらうことです。通常、車の査定には20分前後の時間を要しますから、別々の時間に来てもらうと自宅で待機しなければならない時間も長くなってしまいますが、同時刻に来てもらえば時間の節約もでき、各店の査定員同士が高額査定の提示をめぐって牽制し合うことになるので、強引な営業の心配も軽減できるからです。

その場合、業者同士が鉢合わせするのは、いかがなものかと思われるかもしれませんが、もともと一括査定の場合は査定額が競合することは業者も織り込み済みで、お互い顔見知りの場合もありますから、気にする必要はありません。

あるいは、同じ日に30分程づつ時間をずらして来てもらうことも有効です。次の買取店が査定にやってきますから、執拗な交渉をいつまでもしていられないからです。とにかく、強引な営業があったら「全社の査定額をいただいてから、じゅうぶん検討して連絡します」くらい言うつもりでいればよいでしょう。

以上、どのような方法を取るかは、あなたのお好み次第です。


最高額を引き出す車の一括査定はここから!