MENU

自動車リースと自動車ローン

現代ではさまざまな手段によって自動車を利用できるような環境が整ってきています。「購入する」というような方法はもちろん、最近だとカーシェアリングをはじめとするような「借りる」という方法による利用も増えてきました。この「借りる」と「購入する」という二つの方法の間に存在しているのが「自動車リース」という方法です。

自動車リースでは自動車の利用に関して契約を結び、一定期間の間に料金を支払いつつ利用をしていくということになります。これは一見すると通常のローンと同様のものであるようにも見えますが、それではリースとローンの特徴と違いにはどういったものがあるのでしょうか。

まずこのリースとローンの特徴と違いを考える上で、多くの人が知りたいと思うのが「普通に購入した場合との比較」と「リースとローンどちらが得なのか」ということでしょう。しかしこれらのリースとローンの特徴と違いを考える前に知っておきたいのが「そもそもリースとは何なのか」ということです。

自動車リースと自動車ローン

ではリースとは何かと言うと、これは「消費者が契約したリース会社が自動車を購入して、一定期間後の価値を差し引いた価格を分割払いという形で自動車を借りる」という契約になります。

例えば新車で「100万円の自動車を5年間借りる」というようにし、5年後に残っているであろう価格が「20万円」の場合は「80万円を5年(60ヶ月)で分割して支払って借りる」ということになるのです。

実際にはそれぞれのリース会社が設定する「車体値引き」などもかかってくるためにもっと安くなることが一般的ですが、基本的な仕組みはこのようになっています。さて、それでは仕組みを理解したうえで「普通に購入した場合との比較」を見てみましょう。

この普通に購入した場合との比較で大切にしたいのが「リースは所有権はあくまでもリース会社にある」ということです。一定期間後にはリース会社に返却をする「借り物」なわけですから、リース会社が想定しないような改造や、リース会社が知らないような修理を行うことは原則として認められません。

この点においてローンの場合は「自分の自動車になる」というものなのですから、かなり自由に使用することができます。完済前に売却することが出来ないというような制限がかかることもありますが、そうした制限を除けばローンで購入した自動車をどう使用するかについては原則として自由です。

次に「リースとローンどちらが得か」ということについてですが、これもやはり、それぞれの自動車の使用者が何を重視するかで変わってきます。

リースでは契約満了後に「消費者がリース会社から買い取る」というような形の手続きをしないと所有権を消費者に移すことはできませんから、「借り物ではない自分の車が絶対に欲しい」という場合は、ローンを選んだ方が得となります。

加えてローンの場合は保険契約などもかなり柔軟に決定することができますから、保険に関する知識を集めることが苦ではないというような人の場合には、自分なりの保険プランを組むことで月々の負担額を無理のない範囲内に収めることも可能です。この点は保険などをリース会社が決定するリースとは大きく異なる点でしょう。

しかしながらリースの場合は「保険や賠償範囲内での修理対応が充実している」というメリットがあるのも事実です。特に「メンテナンスリース」という形式をとると車検費用や部品類の交換、一般的な修理に関しても原則としてリース会社が負担してくれることとなりますから、「サポートは誰かに任せたい」という考え方を持つ人が「リースとローンどちらが得か」と言うのであれば、リースの方に分があると言えます。

このようにリースとローンにはどちらも異なる特徴がありますから、「こっちの方が絶対にお得だ」とは言えないのです。事前に決めつけず、それぞれの人の状況を総合的に判断して決定するように心がけましょう。