MENU

車売却に必要な書類

普通自動車の場合

自分で用意する必要があるもの
  • 自動車検査証
自動車検査証(車検証)は、いつも車内に保管しておくことが義務づけられています。紛失している場合は、管轄の運輸支局で再発行してもらう必要があります。
  • 自賠責保険証明書
自賠責保険証明書は、車検ごとに次の車検時までの加入手続きのとき貰っている筈です。期限が切れていたりすると車を売却することができません。万一紛失している場合は、加入した保険会社に再発行してもらいましょう。
  • 実印
実印は、「委任状」や「譲渡証明書」に捺印するため必要になります。実印は、市区町村へ登録してあるものです。
  • 印鑑登録証明書
印鑑証明書とは、捺印した印鑑が市区町村に登録された「実印」であることを証明する書類のことです。車の売却時には、発行日から3カ月以内のものが必要です。
  • 自動車納税証明書
自動車納税証明書は、自動車税が納められていることを証明する書類です。納税証明書には有効期限があるので注意が必要です。紛失した場合は各都道府県の税事務所で再発行してもらいましょう。
  • リサイクル券(預託済みの場合)
自動車リサイクル法に基づくリサイクル料金が支払われていることを証明する書類です。万が一、紛失している場合は「自動車リサイクルシステム」ホームページから「自動車リサイクル料金の預託状況」をプリントアウトするとリサイクル券の代替として使えます。

 上記の書類は通常、車検証ケースなどに保管されているでしょうから、実際に用意するのは「実印」と「印鑑証明」ということになるでしょう。また、本人確認のため免許証の提示を求められるのでコピーなど用意しておきましょう。さらに、車両代金の振り込み先口座番号などもメモして準備しておきましょう。
 その他、車検証の所有者と使用者が異なる、法人名義の場合など、必要書類が増える場合があります。 詳細は買取店に確認してください。

※自動車検査証と印鑑登録証明書の住所が違う場合は、以下のものも必要になります。
 ・住所変更が一回あったとき:住民票
 ・住所変更が複数回あったとき:戸籍の附票または住民票の除票
 ・結婚などで姓が変わっているとき:戸籍謄本

買取店が用意する書類
  • 譲渡証明書
譲渡証明書は、車を譲渡・名義変更するときに必要となる書類で、車買取業者が用意してくれるので自分で用意する必要はありません。
  • 委任状
車の名義変更は所有者が行うことが原則ですが、実務上は車買取店が名義変更を行ってくれるので、名義変更の申請に関する権限を委任したことを証明するために「委任状」が必要となります。委任状は買取店が用意してくれます。

委任状

 ○ 以上は、普通自動車の場合です。以下は、軽自動車の場合です。

軽自動車の場合

自分で用意する必要があるもの
  • 自動車検査証
紛失している場合は、軽自動車検査協会で再交付してもらう必要があります。
  • 自賠責保険証明書
期限が切れていないもの。
  • 自動車納税証明書
5月31日納付期限の軽自動車税納付通知書が支払い済みと分かるもの。紛失しているときは税務事務所で再発行してもらう。
  • リサイクル券
預託済みの場合。
  • 認印
車検証の所有者のもの。認印は買取店が用意する「自動車検査証記入申請書」などに押印する際に必要です。

上記のほか、車両代金の振り込み先口座番号などをメモして準備しておきましょう。

買取店が用意する書類
  • 自動車検査証記入申請書
軽自動車の名義変更の手続きのことを「自動車検査証記入申請」と言います。普通自動車の場合は「移転登録」と言います。旧所有者の押印が必要です。個人の場合は認印。法人の場合は代表者印。

記入申請書



車の買取はここから!