MENU

車買取と車査定は、何が違う?

車買取

車を買い替える状況になったときに使われる言葉に、車買取車査定という言葉がありますが、これは案外無造作に使われています。

しかしむろん、車買取と車査定では、言葉の意味が違いますし、使われるべき状況も違います。しかし少し話がややこしいのは、どちらの言葉を使ってもたいして違いがないときもあれば、大きく違うときもあるからです。

ここでは、中古車の査定と買取をより理解するために、補助線として車下取りという言葉も合わせて考えてみましょう。

通常、言葉の意味としては、それぞれ次の意味に使われています。
  • 車下取り… クルマの代金の一部に当てるものとして、購入したお客さまが乗っていた車を「車販売店」が引き取ること。

  • 車査定 … 使用していた車(中古車)のボディ・内装・機器類を総合的に調べて、その車の買取(下取り)価格を決定すること。

  • 車買取 … 使用していた車(中古車)を、お金を払って「車買取店」が自分の所有とすること。

上記からわかるように、「車下取り」と「車買取」は、ユーザーとお店側との売買行為であるのに対し、「車査定」というのは、売買行為の行われる前に行う価格決定行為であるということができます。

つまり、この3つのなかで、「車査定(中古車査定)」だけは「車下取り(中古車下取り)」と「車買取(中古車買取)」の両方に登場する概念であり行為でもあります。

また、「車下取り」も「車買取」も、車の販売店もしくは買取店から見た用語であり、われわれユーザーからみれば、いづれも車を売る行為、すなわち「車売却」にほかなりません。

しかしユーザーは融通無碍な存在で、車を売るときにもインターネットで検索するときには、「車売却」ではなく「車買取」で検索される方は大勢おられます。

中古車の査定額を最大化する!

上に見てきたように車を売る方法として、「車下取り」と「車買取」の2つの方法があります。しかしこのサイトでは、タイトルをみても明らかなように「車下取り」については無視しています。

言うまでもなく「車下取り」は、車の高価買取とは程遠い売却方法であり、また下取りで売却するには車販売店にそのまま引き渡せばよいだけで、わざわざインターネットで調べる必要もない売却方法だからです。

ただ、むろん「車下取り」が、わざわざ調べる必要はないとは言うものの、愛車の下取り額がどれくらいになるのか参考までに調べてみたいという方もおられるでしょう。それには、下取り参考価格の代表的サイトであるトヨタのサイトをご覧ください。
この参考価格は、集客のためかなり高めの設定になっているので、参考価格とはいいながら、あまり参考にならない価格だということは頭に入れておきましょう。

しかし、ここで重要なのは、車売却方法としての「車買取」だけです。この買取額をいかに高価にするか、すなわち車査定額を最大化する方法を探ることです。(車査定額と車買取額は、通常は同じ金額になりますから、一般的にはほぼ同義で使われています)

では、車買取額を最大化する、すなわち、どのようにしたら最高の車査定額を導きだせるのかについて考えていきたいと思います。

中古車査定

車買取については、1990年代になって初めてわが国にガリバーやアップルなどの「中古車買取専門店」というものが登場してきました。

そして、1995年になるとインターネット革命という言葉がはやり始め、2000年には複数の車買取専門店が査定額を競う「一括査定」というシステムがインターネット上に構築され、サービスが開始されました。

この車の「一括査定」システムが、いまでは車買取において、もっとも高額査定が期待できるものとして定番化しています。

その魅力は何といっても、それまでなら複数の中古車買取店に査定をしてもらおうと思ったら、いくつもの店舗を時間と手間をかけて廻らなければならなかったものを、パソコン上から一瞬にして複数の買取店に車査定を依頼できるところにあります。

というように、一般的には車一括査定の特徴を説明することが多いのですが、これでは充分ではありません。というのは、一括査定は時間と手間を極端に省略できるというだけではないのです。

もうひとつ車一括査定には、大きな特徴があります。それは、一括査定システムに参加していると各中古車買取専門店は、査定額の提示が競争になることがわかりますから、競って高額査定を提示するようになります。つまり、同じ中古車買取専門店であっても、ただ店頭に現れたお客さまと、一括査定に申し込んだお客さまでは、査定額の提示が違ってくるのです。

ここに車一括査定が、通常の店頭に来られたお客さまの査定依頼とちがって、より高額になる誘因があります。けっして多くの買取店に査定してもらうから、“結果”的に高額査定になるのと違って、“原因”として一括査定には高額になる理由があるのです。

以上、高額査定を導き出せる順序としては、まとめると次のようになります。

下取り・買取・複数買取・一括査定


そういうシステム上の理由により、一括査定のほうが通常の買取より、高額査定が期待できます。このことが、いま車買取では、一括査定がダントツで人気を集めている理由だということができます。

項 目

高額査定

時間と手間

下取り

×

買取

複数買取

×

一括査定


では、この一括査定を含めて実際の車の買取額がどれくらいなのでしょうか。あなたの愛車の買取額の相場はどのようになっているのでしょうか?

いま車を売るなら査定相場がいくらくらいなのか事前に調べてみることは、心の準備としても必要なことでしょう。興味のある方は、カービューの提供する<みんから>のサイトが代表的なものですので、ぜひ調べてみましょう。

したがって、現在では、中古車買取で高額の査定額を導き出すためには、どのような一括査定をどのように利用するか、ということが問題になっているだけと言ってもよいでしょう。

車買取比較 ベストの車一括査定を選ぶ!


車買取

車買取の変遷

中古車の査定というものが注目を集めるようになったのは、上記でも少し触れましたが、1990年代以降、すなわち平成の時代になってからだということをご存じでしょうか?

それまで中古車査定の必要が生じるのは、車の買い替え時に愛車を処分する手段として「下取り」に出すときでした。

ところが、1990年代以降になると「車買取」という新しい業態が出現するようになりました。街なかに車高価買取という看板が掲げられ、少しずつ中古車買取専門店というものが認知されるようになってきます。

車を売る

こうして、車の売却に関しては「下取り」という従前の方法による査定価格のほかに、「買取」による査定価格という、もう一つの価格体系が存在することが知られるようになっていきました。

しかし、車買い取り店という新しいお店が誕生しても、愛車を処分するお店としては、ユーザーにとっては「AかB」という、対等な土俵上の選択とはなりえませんでした。

なぜなら、「下取り」の場合は、必ず次に乗る新しいクルマというものがあり、その車販売店との関係が必然的に生じるからです。さらに、その価格は新車購入価格から差し引いてくれるという便利な側面もあるからです。

買取の場合は、若干の高額査定が期待できたとしても、それがどれほどのものか想像するしかなかったし、下取りの利便性を超えてまで利用するほど高価買取は期待できないだろう、という勝手な思い込みをする人のほうが遥かに多かったからです。

すなわち、この頃は、愛車の売却額に対する意識の高いユーザーだけが、車買取専門店を利用して売却していたといってよいでしょう。この車の「下取り」と「買取」という、車を売る2つの形態が並走する時代は当分つづくと思われていましが、わずか10年ほどで終焉を迎えます。

1995年頃になるとわが国でも、インターネット革命というものが浸透し始め、このインターネットの特性を生かした車買取に画期的なシステムの開発が行なわれるようになったからです。それは、2000年になって「中古車の一括査定」という形で登場してきました。

より高価な査定額を実現する基本的な考えというのは、他店と比較するということですが、これまでなら、実際にいくつかの車の買取専門店を回らなければ出来なかったものが、「中古車の一括査定システム」は一気に解決してしまったのです。

2000年に始まった車一括査定のシステムは、ユーザーが愛車の情報をパソコン上で一度入力するだけで複数の査定会社へ査定依頼できる、きわめて簡単なものでした。これによって、中古車の買取業態は、さらにあらたな時代を迎えたということができるでしょう。

車を売る方法の歴史的変遷


車査定車の一括査定システムはここから!


車買取と中古車査定


当サイト「車買取における中古車査定の最大化とは何か?」について

流通からみたクルマ

「中古車買取」とか「中古車査定」という言葉は、クルマに乗っておられる方なら、おそらく知らない人はいないでしょう。しかし、重要なのは言葉の意味ではありません。ここでは、愛車を売却するときに、どのような方法を利用したら、自分の車が高く売れるのか、つまり車査定の実施から車買取までという商行為が、どのような状況で行われた場合に、流通市場から見て最も合理性も持ったものになるのかを探求していくことが重要です。そのことが、あなたの愛車を旅立ちをいっそう引き立てることになるでしょう。